ぐっすり安眠!不眠症対策サプリBEST5

ぐっすり安眠!不眠症対策サプリBEST5

失敗しない不眠対策サプリメントの選び方

不眠症対策ならコレ!おすすめサプリランキング

不眠症対策のサプリメントは数がありすぎて、本当に効果が高いのはどれか、どのサプリを飲めばいいのか、判断するのがむずかしいですよね。
そこで、人気の不眠対策サプリ5種類を比較して、ランキングにしてみました。
比較の基準は、以下のポイントです。

  • 不眠症に効果的な成分
  • その他の成分と効果
  • 愛用者の口コミ

それではさっそくランキングを見ていきましょう!

第1位 ワサビスルフィニル わさび&オリーブ

不眠に効果を期待できる
主成分
デカペプチド
ミルクに含まれる注目のリラックス成分。
抗ストレス作用、血圧低下作用により、スムーズな入眠や熟睡が期待できます


ワサビスルフィニル わさび&オリーブ

画像クリックで詳細表示
【総合評価】
その他の成分
と効果
ワサビスルフィニル
解毒効果で有害物質を排出、抗酸化作用で、からだの老化防止や疲労回復をサポート
乳酸菌
腸内環境を整え、免疫力をアップ
オリーブオイル
動脈硬化や悪玉コレステロールを抑制
愛用者の
口コミ
血圧が下がり、寝つきがよくなりました。
寝つきがよくなり、いままで残っていた疲れが取れるようになりました。
飲み始めてから3日で熟睡できるようになりました。顔色がよくなり、シワも目立たなくなりました。
今まで手足が冷たくて眠れませんでしたが、飲み始めてからはポカポカして、すぐに眠れます。
私は肌の調子がよくなり、夫は寝つきがよくなったと喜んでいます。
※個人の感想です
おすすめ
ポイント
注目成分「デカペプチド」が不眠症改善によいだけでなく、ワサビスルフィニルが有害物質を解毒するなど、健康を総合的にサポートする点も見逃せません。わさびの健康作用は非常に多く、長く飲み続けたいサプリメントです。わさびの老舗メーカー「金印物産」が販売元であることも信頼できます。

第2位 ネムーンプラス

不眠に効果を期待できる
主成分
クワンソウ
アミノ酸を豊富に含み、眠りをしっかりサポートするハーブ
ネムーンプラス
画像クリックで詳細表示
【総合評価】
その他の成分
と効果
レスベラトロール
細胞の老化を防止
ビタミンE
血流促進や老化を防止
ビタミンC
細胞の老化防止や紫外線ダメージをケア
愛用者の
口コミ
だんだんとすっきり起きられるようになり、不眠症が治っていきました。
睡眠時間が足らないのですが、目の下のクマが薄くなり、肌のツヤがよくなりました。
飲み始めてからは疲れを感じにくくなりました。
※個人の感想です
おすすめ
ポイント
睡眠時間が短く、十分に休息がとれない方にオススメのサプリメント。短い時間でも、質の高い眠りで休息が期待できます。

第3位 月の休息

不眠に効果を期待できる
主成分
グリシン
リラックス効果を高め、睡眠の質をアップ
月の休息
画像クリックで詳細表示
【総合評価】
その他の成分
と効果
テアニン
興奮系神経を落ち着かせる
ギャバ
気持ちをリラックスさせやすくする
トリプトファン
心のバランスを整えるセロトニンを形成
愛用者の
口コミ
飲んだ次の日から、朝のだるさを感じなくなりました。
精神的に落ち着くので、ぐっすり眠れます。
夜中目が覚めることがなくなり、熟睡できています。
※個人の感想です
おすすめ
ポイント
休息の質を高める成分が多く配合されています。睡眠以外の健康効果はあまり期待できませんが、睡眠に特化した配合になっています。口コミからも、効果の高さがわかります。

第4位 マインドガードDX

不眠に効果を期待できる
主成分
トリプトファン
心のバランスを整えるセロトニンを形成
マインドガードDX
画像クリックで詳細表示
【総合評価】
その他の成分
と効果
天然モリンダシトリフォリア
自然治癒力を正常にする
クワンソウ
アミノ酸を豊富に含み、眠りをサポート
レスベラトロール
細胞の老化を防止
 
愛用者の
口コミ
2時間以上寝付けなかった私が、30分以内に眠れるようになりました。
昼間の調子が良くなりました。
気持ちが楽になって、昼間にボーっとすることもなくなりました。
※個人の感想です
おすすめ
ポイント
精神的な安定を助けるドリンクタイプのサプリメント。心配事や不安、ストレスを和らげ、眠りやすい状態をつくります。

第5位 リラクミン

不眠に効果を期待できる
主成分
タルトチェリーエキス
天然のメラトニンを含み、体が眠る準備をサポート
リラクミン
画像クリックで詳細表示
【総合評価】
その他の成分
と効果
バレリアン
緊張や不安をやわらげる
ギャバ
気持ちをリラックスさせやすくする
クワンソウ
アミノ酸を豊富に含み、眠りをサポート
 
愛用者の
口コミ
熟睡できるようになり、生活に活気が出るようになりました。
布団に入っても考え事が止まらなかったのですが、飲み始めてからはすぐに眠りにつけます。
睡眠薬を飲む必要がなくなり、人生が変わったと思います。
※個人の感想です
おすすめ
ポイント
天然メラトニン(タルトチェリーエキス)が配合された、変わり種のサプリメントです。それぞれの成分が効果を補いあうように配合されており、その効果には期待ができます。

その他おすすめ商品一覧

グッスミン

主成分
GABA
おすすめポイント 
主成分のGABAには、ストレスや疲労による不眠症を解消する効果があります。神経の興奮を和らげ、リラックス効果を促してくれるからです。

スヤナイトα

主成分
グリシン トリプトファン
おすすめポイント 
現代人の不足している成分、グリシン。欠如すると、体内の温度が下がりにくくなり、眠気を感じづらくなります。補給するだけで、入眠の手助けをしてくれます。

グリナ

主成分
グリシン
おすすめポイント 
効き目を、次の日には実感できるところ。カラダのだるさや頭の重さが感じづらく、すっきりした状態に近づくことができます。

セロトアルファ

主成分
大麦発酵酵素 麹菌
焼成カルシウム
おすすめポイント 
リラックス効果を促すだけでなく、栄養をエネルギーにする酵素をたっぷり含んでいます。るので、老化を抑えてくれる効果をも期待できます。

セ・シ・ボン

主成分
ラフマ茶エキス
おすすめポイント 
現代人の不足しがちなセロトニンの量を増やし、くつろぎや睡眠の質を高めてくれます。痛みを和らげる効果もあるので、カラダに痛みを覚える方にも嬉しいです。

安眠サプリいちおしは
「ワサビスルフィニル わさび&オリーブ」!

第1位は、金印物産株式会社の「ワサビスルフィニル わさび&オリーブ」でした。
簡単ですが、このサプリメントがおすすめ理由をまとめてみました。

リラックス効果が期待できる注目成分「デカペプチド」を配合!

ワサビスルフィニル わさび&オリーブ

「ワサビスルフィニル わさび&オリーブ」は、わさびに着目したサプリメント。

販売元は、わさびの老舗メーカーとして有名な「金印物産」です。
わさびの薬効性は医学界でも注目されていますが、独自にサプリメントとして開発したのは、はじめてのこと。

わさび&オリーブが不眠症に効果的なのは、デカペプチドという成分が含まれているためです。
デカペプチドは、ミルクの中に含まれているミルクカゼインが分解されてできる成分。

ミルク約1トンから50mgしかとれない貴重な成分ですが、このサプリメントには、たっぷり150mg(ミルク3トン分!)配合されています。

デカペプチドは、心身をリラックスさせ、安らぎをもたらす効果があります。

ミルクを飲んだ赤ちゃんがリラックスした表情になるのも、デカペプチドの作用なのだとか。

不眠症は多くの場合、うまくリラックスできず、神経が高ぶってしまうことが原因。

デカペプチドを摂れば、興奮を抑えて、スムーズに眠れるようになるのだそうです。

不眠症改善以外にもうれしい効果が期待できる

不眠に効果的なデカペプチド以外にも注目したい配合成分「ワサビスルフィニル」が配合されています。

ワサビスルフィニルは、肝臓の解毒機能を活性化させる働きがあり、その力はあらゆる野菜の中でもいちばん強いのだそうです。

排気ガスやたばこの煙など、有害物質は悪玉活性酸素を生み、体の老化を進めたり、遺伝子を傷つけて発がんの原因になったりします。

ワサビスルフィニルを摂ることで解毒力を高めれば、活性酸素の発生を抑制が期待できます。
これにより、体のダメージを予防し、疲労や老化防止をサポート。
さらに、体温を上げ、長時間維持するという効果も。血流がよくなるので、冷え性の方にもオススメです。

愛用者の評価が高い

わさび&オリーブを1位とした理由に、口コミ評価の高さも挙げることができます。

サプリメントは、継続して飲むことが大切です。

わさび&オリーブにも、継続して飲めるように、毎月1か月分のサプリが送られてくる定期コースのサービスもあります。

定期コースを利用すると、10%割引で利用できるなど、お得なサービスもあるので、気になる方は是非、チェックしてくださいね。

不眠対策いちおしサプリ「わさび&オリーブ」についてさらに詳しく>>

不眠症を対策する5つの方法

適度な運動をとる

健康を維持するために適度な運動は大切です。その中でもオススメなのは有酸素運動。有酸素運動には、自律神経のバランスを整える働きがあるため、ストレスの軽減にも繋がります。さらに、睡眠ホルモンであるメラトニンの生成もされるのでよく眠りにつくことができます。

また、脳と体の疲れがマッチしていないアンバランスな状態も、不眠の原因のひとつとしてあげられています。

もちろん日々継続して運動することが一番ですが、時間が取れないこともあるかと思います。そういうときには一日おきでもいいので有酸素運動をするように心がけるようにしてください。

太陽の光を浴びる

不眠解消に太陽の光が効果的だということをご存じでしょうか。人間の体内には約25時間の概日時計というものがあり、自転周期の24時間よりも少し長いリズムをもっています。つまり、そのままの生活を続けると、毎日1時間ずつ寝る時間にズレが生じることになるのです。太陽光にはこの体内リズムのズレを24時間に修正してくれる働きがあります。多くの不眠の原因は睡眠リズムのズレのため、朝早く起きて太陽の光を浴びることで夜型の人も不眠の解決に繋がります。

また、昼間に太陽の光を浴びることで、「コルチゾール」と呼ばれるストレスホルモンが作られます。このコルチゾールには血糖値や血圧の上昇を抑制したり、胃酸の分泌を促進する働きがあるため、ストレスの軽減やリラックス効果が得られ、快適な睡眠をサポートしてくれます。

睡眠時間にこだわりすぎない

普段、朝起きる時間から逆算して就寝時間を決めている方も多いと思います。しかし、実はそういった睡眠時間へのこだわりが、かえって不眠の症状を悪化させる場合もあるのです。

睡眠時間に合わせて細かく計画を立てると、もしその計画が崩れた場合、脳は「早く眠らなければ!」と焦りを感じてしまいます。そうした焦りや不安からより脳が覚醒してしまい、眠れなくなってしまうのです。
一度不眠を経験すると、「今日はすぐに眠れるかな?」と緊張状態が続き、脳が再び覚醒してしまうといった悪循環が生まれる恐れもあります。もし、そうなってしまった場合は、無理に睡眠時間を設けず、起床時間を決めて早起きすることを心がけてください。

不眠症に陥った場合は、「寝よう」と強く意識するのではなく、「眠りたくなったら寝る」ぐらいの気持ちでいるほうが、気が楽になるのでおすすめです。

就寝前の飲食は控える

物を食べたり飲んだりすると、消化器官は食物を消化しようと活発的に働き出します。そのため就寝前に飲み食いをすると、休んでいた消化器官を再び活動させることになるので、眠りを妨げてしまいます。逆に、極端にお腹が空いてしまっている状態では、消化のために力を使わなくなる分、血流が胃ではなく脳に集中し始めます。血圧が上がった脳は興奮状態に陥りやすいため、かえって寝つきにくくなるのです。

食べたものが胃の中で消化されるまでにかかる時間は、約2~3時間。よって、就寝の3時間前に食事をとるのが理想的だと言えます。

サプリメントで身体の中からリラックスする

よく眠れない、夜中に目が覚めてしまうといったお悩みを抱えた方にはサプリメントもおすすめです。サプリメントは薬とは異なり、食品のため安全性が高い。手軽に栄養を補給でき、継続が可能といった特徴があります。リラックスするのに有効な成分としては、デカペプチド、GABA、テアニン、ハーブ成分といったものがあり、こういった成分を含んだサプリメントを服用することでよりよい眠りにつけるでしょう。

もちろん過剰摂取は体にも害を及ぼす可能性もあるため、注意が必要です。その他のサプリメントやお薬と飲み合わせる場合は、服用する前に必ず医師への相談もするようにしましょう。

不眠症サプリと睡眠薬の違いとは?

両者の違いは、人工的なものでつくられているか、自然的なものでつくられているか。睡眠薬と異なり、不眠症サプリは野菜や果物でできた健康食品の分類になります。

効果に違いはあるの?

睡眠薬には即効性がありますが、副作用や依存性があります。一方で、不眠症サプリは服用した途端に効果が表れるわけではありません。しかし、カラダに負担をかけることなく、ゆっくりと正常な状態に回復させてくれます。食生活の乱れやストレス、疲労の蓄積で不眠症になってしまったカラダに必要な栄養成分を補給してくれます。

不眠症サプリのメリット・デメリット

不眠症サプリのメリットは、カラダを害する可能性が少ないところ。継続すれば、生活リズムが整った健康的なカラダへの回復をサポートしてくれます。定期的にお手元に届けてくれる配送サービスもありますので、買い忘れることなく継続することができます。デメリットは、やはり睡眠薬と比較すると効果の表れが遅いところ。しかし、睡眠薬とは異なり、不眠症の原因を根元から解消してくれます。

睡眠薬のメリット・デメリット

睡眠薬のメリットは、効果の即効性。睡眠を目的につくられているので、飲むとすぐ、眠気が襲ってきます。眠りにつく効果が大きい分、副作用があるのがデメリットです。睡眠薬で引き起こりうる代表的な副作用に、「めまい」や「だるさ」、「嘔吐」があります。副作用が起きてしまったら、不眠症がさらに辛くなってしまいます。日常生活に支障をきたす可能性もありますので、服用には十分気をつける必要があります。